2020ニューヨークプロジェクト1週間前

ニューヨークでの現地プロジェクトを、チームで少しづつ進めていましたが、今回のパンデミック騒動で2020のニューヨークは延期する決断を致しました。

完全に想定外からの要因なので、とてもびっくりしました。多分各国の皆さんが同じ事を感じているかと思います。

今回はその時どう思ったのかを記事にします。

2020年1月17日にミーティングをしていましたが、その時点でコロナウイルスってキーワードが「ふーん」って程度でした。

まさかこの時点で、世界規模の感染につながっていくなんて、小さな塗装屋さんが気付くはずもなく日常が過ぎていきました。

気付くはずもない人達が多すぎましたね。

一部の医療関係者の方々は、早期の段階で気付いたようですが、まわりの認識のアマさがあり、このような事態にまで拡大しました。

自分ももちろんアマかった個人です その時の気持ちを綴っていきます。

ウイルスと聞いても、え?中国でしょ?関係ないじゃん。 それが気持ちの一番大きい感想でした、行き先はアメリカだし自分達も中国経由ではあるけど、経由だから問題ないでしょ?と完全に他人事と捉えて思考を停止していました。

結果、感染は世界中にアッと言う前に拡がり、世界中で大パニックになりマスクは売り切れるは、人種差別は発生するは中国をバッシング、日本政府をバッシングなど2次被害的な事も起こりました。

それもさらに他人事として考え、俺と世界は別で考えてました。

そしてニューヨークプロジェクト直前で入国制限がかかり、フライトもなくなりました。

なんでも楽観視してしまう悪いクセで、関係者皆さまには直前の対応となり、まことにすみませんでした。

この場で謝罪させていただきます。

今回は旅行ではなく、仕事として渡米予定であったので、動いていただいたスタッフなど、沢山の人達のバックアップがあって進めていたのを、真に理解して日頃過ごしていたら、もっと早めに判断できてアタフタせずに済んだのでしょう。

今後プロジェクトを進める際は、現場作業はもちろん、プロモーション含め物事の細部まで注意を払い、最良の判断が出来るよう努力します。

楽しみにしていてくれた方もいらっしゃると思いますが、2021年までのお楽しみとしてこれからも情報発信していきますので、お付き合いよろしくお願い致します。

つきましてはYouTubeにて、公式発表もしますので合わせてご覧下さい。